レディー

サプリメントが大活躍|一生元気で過ごすために

女性に多い病気

女の人

鉄分の不足によって起こる

日本人の女性の多くが、貧血であると言われています。主な症状は、立ちくらみやめまい、疲れやすさや食欲不振などがあげられます。しかし、一口に貧血と言っても、その種類は様々です。再生不良性貧血、溶血性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性などのいくつかの種類があります。それぞれ一般的な症状は同じですが、原因が違います。例えば、再生不良性の場合、骨髄が脂肪に置き換わってしまうことにより、赤血球や血小板が減少し起きるものになります。出血しやすくなり、あざもできやすくなります。この場合は、骨髄移植や輸血が治療法になります。悪性貧血の場合は、鉄分ではなくビタミンB12の欠乏によって引き起こされます。舌が荒れたり、手足のしびれなどの症状も出ます。この場合は、ビタミンB12を服用することで改善されます。

様々な原因がある

そして、一般的に一番多いと言われているのが、鉄欠乏性貧血です。これは、鉄分の不足によって起きるものです。徐々に上記のような症状が現れ、それとともに下瞼の内側が白っぽくなったりもします。悪化が進むと、爪に異常が現れたり、異様に硬いものが食べたくなったりもします。妊婦がなりやすいもの、この鉄欠乏性貧血です。こちらは、鉄剤の摂取などの適切な治療をすれば治ります。また、普段の食事から鉄分を摂ることを意識することで、防ぐこともできます。しかし、最近は毎日仕事や家事で忙しく過ごしている事により食事に気を使う人が少なくなっています。そのような場合は、サプリメントを活用しましょう。鉄分を配合している貧血改善サプリメントは数多く販売されています。