レディー

サプリメントが大活躍|一生元気で過ごすために

身体と心の変化

生薬

若年性も増加しつつある

更年期と呼ばれる40代から50代にかけては身体と心に大きな変化が現れます。女性に多く見られる症状なのですが、閉経前後の女性ホルモンの減少と共に起こります。身体が熱くなって発汗が止まらなかったり、体調不良が続き、精神的にもうつ状態になったり情緒不安定が続きます。このような症状が現れ始めたら更年期障害を疑って良いかもしれません。更年期障害は中高年の女性だけではなく若い女性にも起こるケースもあります。その原因としては過度なダイエットやストレスです。ダイエットにより栄養が不足してしまい、ストレスにより自律神経も乱れホルモンバランスが崩れます。その結果月経がストップしてしまい、更年期の症状が現れるケースも考えられます。

効果のある治療法

特に治療を行わなくても症状が緩和していくこともあるのですが、症状が重い場合は薬を使用して治療を進めて行く必要があります。軽い症状のうちは漢方を服用してください。病院で処方されるものではなくても漢方は薬局で手に入れることが出来ます。漢方の良いところは副作用が生じにくいということです。更年期障害の治療として使われるホルモン剤や抗うつ剤は効果も高いのですが、その反面副作用が生じるケースもあります。しかし漢方は副作用がほとんど見られないので安心して摂取することができるでしょう。治療を進めて行く上で大切なのは休養です。身体と精神を休めることも更年期の症状を緩和させるためには大切です。無理をせず穏やかに過ごしましょう。